私の草の生やし方

『(笑)』を使っている人は、今や少数派になった。ネットの世界では笑っていることを表す時に『www』と"草を生やす"のが主流になってきている。

でも、私は未だ『(笑)』派である。これの便利なところは、シチュエーションによって使い分けができるところだ。私の使い分けは以下の通り。

  • (笑)→普通に文末につける。exa.ですよね(笑)
  • 笑 →!や?などの記号の後につける。exa.ですよね!笑
  • 。笑 → 文末の句点の後につけて、少し落ち着いた笑い方の時。exa.ですよね。笑

ちなみに、草を生やす勇気はまだない。でも、人が笑って本当に草が生えたら、なんて想像するとちょっと楽しい。笑った分だけ地球温暖化が食い止められるかもしれないし、お笑い特番の翌日は、草刈りのおじさんがちょっと困る。

広告を非表示にする