塩で固定

タレか塩か。焼肉や焼き鳥などを食べるときには、だいたいここで迷う。お肉や具材によって変えるのが一番なのだろうが、こちとらそこまで詳しくはない。

迷いはストレスの元である。できることなら迷いの回数を減らしたいし、食事の時はストレスを感じたくない。そこで私は、必ず塩で頼むようにしている。『タレか塩か問題』に限らず、カフェや飲食店で頼むメニューをいつも決めていれば、迷うこともなく、ストレスもない。

タレではなく塩にしている理由は2つある。

1つ目は、素材の味がより感じられるから。タレをつけるとタレの味が強く感じられてしまい、素材そのものの味が薄れてしまう。気がする。そんな繊細な舌をしているわけではないけれど。

2つ目は、塩で頼んだ方が通っぽいから。父に言われて始めたのだが、改めて文字にしてみるとなんともダサい。でも気にしない。

ちなみに、店員さんに「タレがおすすめです」なんて言われた場合は、問答無用でタレにする。そこらへんは臨機応変に。いや、ブレブレなだけだ。

広告を非表示にする